読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借り暮らしのree_yont

借り暮らししながら、田舎暮らしを始めたのでブログを始めました。

忘れられない呪いのビデオ・・・

 

当時、小学2年生ぐらいだったと思います。

 

 

 

事の発端は親戚の家に遊びに行った時の事でした。

 

 

大人の集まりに飽きていreeはビデオが見たくなったので、

テレビの下に置いてあるビデオを物色していました。

 

 

すると親戚のおっちゃんがやってきて

 

”うちの家には怖いビデオしか置いてないでー”

 

 

と、教えてくれました。

 

 

今もですが、ホラーって大嫌いなんです。

 

呪怨とか、貞子とか。

 

 

仕方なくその日はビデオを見るのを諦めました。

 

 

 

それから数日後・・・。

 

 

 

親が買い物に行き、妹と2人で留守番していた時の事。

 

 

妹が暇だというので、ビデオを見ることにしました。

 

 

 

すると先日、親戚の家で見たビデオテープが

家に置いてあったのです。

 

完全に怖いもの見たさでした・・・。

 

 

妹も一緒だから怖くないだろうと、

2人でそのビデオを見ることにしました。

 

 

ビデオのラベルは白地に青・・・。

漢字が多くなんと書いているのかはわかりませんでした。

 

 

 

再生してみると画面は砂嵐・・・。

 

 

ドキドキしながら見ていると、

段々と砂嵐から人の姿が映し出されていきました。

 

 

女の人・・・。

 

ソファーに座りながら、何かを話しています。

 

 

ときどき照れくさそうにはにかみながら、

インタビューを受けている様でした・・・。

 

 

会話の内容は難しくてわかりません・・・。

 

 

 

2人でドキドキしながら見ていると、

玄関のドアが開く音がしました。

 

母親が買い物から帰ってきたのです。

 

 

 

”ただいま”

 

 

の声とともに母親がテレビ画面に目をやりました。

 

 

次の瞬間、怒ったような青ざめたような表情で

駆け寄ってきた母親はすぐさまテレビの画面を消しました。

 

 

そして激怒。

 

 

なにが起きたのか、

 

なぜ怒られているのか・・・。

 

全く理解できませんでした。

 

 

 

本当に見てはいけない呪いのビデオを

見てしまったのかと後悔しました。

 

 

 

 

 

しかし今だから分かります。

 

 

妹と2人で見ていたのは

 

”アダルトビデオ”

 

だったのです。

 

 

 

 

そりゃ母親も困惑しますね。

 

小学生と幼稚園児がAVを見てるんだから。

 

 

 

 

おやじよ・・・

AVを隠すときは子供の手の届かないところに隠そうぜ・・・。